グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



image
ホーム >  製品情報 >  ホルソー >  フリーコンパスホルソー

ホルソー

フリーコンパスホルソー日本・中国・米国特許 日本・ドイツ・台湾・中国意匠 回転

フリーコンパスホールソーのメイン

多彩な素材に安全に穴あけできます

フリーコンパスホールソーの使い方1

板材・合板・ベニヤ新建材等

フリーコンパスホールソーの使い方2

石膏ボード・ジプトン・プラスターボード・内装材等

フリーコンパスホールソーの使い方3

金属系サイディング・トタン・ブリキ等

フリーコンパスホールソーの使い方4

窯業系サイディング・スレート・FRP・塩ビ板等

T10mm インパクトドライバー ドリルドライバー 電気ドリル 振動ドリル 軽量ハンマードリル WC

特長

  • 550gと軽量設計となっており作業者の負担が少なく、省エネ、省施工製品です。
  • 穴あけ調整は、ワンタッチ! 32φ~300φまで!グリップバー固定ネジを回し、L型グリップバーの目盛りに合わせ調整して下さい。
  • 刃先は用途の広い新開発特殊超硬ストレートビットを採用!耐久性抜群!スムーズな穴あけができます。切削深さは通常15mmですが、付属のスペーサーで20mmに変更できます。(ロング超硬ストレートビット使用時の深さは30mm)
  • ダストカップにより切削粉飛散がありません。上向き作業時(天井など)に威力を発揮します。また、横向き、下向きでも切削粉の飛散防止に役立ちます。
  • ダストカップは32φ~には付属の小(DC-150)を、95φ~は大(DC-300)をご使用ください。穴あけサイズ、被削材によって切削粉の量も違います。現場状況に応じて使い分け下さい。

用途

  • ベニヤ、合板、新建材、石膏ボード、ジプトン、プラスターボード、内装材、スレート、塩ビ板、サイディング(窯業系・金属系)、トタン、ブリキ、FRPなどへの丸穴加工作業に。
  • 建築・建設業‥‥‥ガラリ取付工事、フロアー材丸穴加工ボイド管下地丸穴加工
  • 設備・電気工事‥‥洗濯機パン排水溝工事、キッチン下回り工事、洋便器立ち上げパイプ穴加工工事、ダウンライト工事、換気扇工事、天井工事(スピーカー・スプリンクラー)
  • 火災報知器の取付作業に。

フリーコンパスホールソーの火災報知器

フリーコンパスホルソーを使用すれば
多種、多様な素材に穴あけ可能!!

施工方法

※本製品は必ず時計回りでの廻し切りで穴あけ作業を行って下さい。

フリーコンパスホールソーの使い方5

1.お手持ちの電気ドリルにセットします。

フリーコンパスホールソーの使い方6

2.穴あけのセンター部分をビット又は、ドリルにて穴をあける。

フリーコンパスホールソーの使い方7

3.L型グッリプバーを穴あけサイズメモリーにセット。

フリーコンパスホールソーの使い方8

フリーコンパスホールソーの使い方9

4.L型グリップバーの先端を、2であけた穴に差込み握り玉を持ってグリップバーの先端を中心として360度回転させることによりビットで穴をあける。

フリーコンパスホールソーの使い方10

開口時の切削粉は全てダストカップに入ります。

仕様

丸穴加工サイズ 32φ~300φ
使用電動機 充電式インパクトドライバー、充電式ドライバー/電気ドリル・振動ドリル(回転モード)/軽量ハンマードリル(回転モード)
有効長 10mm~20mm
チャックサイズ 6.35mm六角軸

フリーコンパスホールソーの仕様

※金属系被削材は切削キズ防止のため、布テープ等にて保護をして穴あけを行って下さい。
※平先コンパス超硬ビット使用時の金属系被削材には別の機械にて6.0mmの鉄工ドリルで中心に下穴をあけて下さい。

サイズ・価格一覧表

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。